保険適用について

包茎治療には保険が適用されるケース保険が適用されないケースというものがあるようです。
要するに、すべての人に保険が適用されるわけではないです。
保険が適用されないということであれば包茎の状態によって約10万円から30万円程度かかるということが言われています。
保険が適用されるということであれば約2万円から5万円程度で済むということがあります。
できれば保険が適用されるケースのほうがかかる費用が少なくなるということになります。
包茎治療を行うクリニックというのは泌尿器科と形成外科(美容外科)の2種類に分けられるのではないでしょうか。
泌尿器科は腎臓や膀胱、尿路、男性生殖器などが対象となっています。
そのため包茎治療も対象になっています。
保険適用ということになると泌尿器科に行くことになります。
形成外科の中で包茎治療を行っているところは患者さんのことを考えて、スタッフを男性だけにしたりするなどの配慮を行っているところもあります。
包茎治療の専門ということで様々なケースの包茎治療を行っているということになります。
泌尿器科などで保険適用の手術を受けるにはどうすればいいのかということになりますと、真性包茎やカントン包茎といったような病気として認定されている包茎と診断されることが必要になってきます。
真性包茎やカントン包茎はほっておくとペニスが不衛生な状態になり、性病にかかりやすくなるということになります。
あくまで病気を治療するという目的のために泌尿器科に通うということになってきます。
ただし、仮性包茎と診断されるケースでは重度のものであっても基本的に病気ではないので保険適用外ということになります。
泌尿器科で治療を行う際に気を付けておいたほうがいいのが、あくまで病気の治療が目的で、ペニスの機能であったり見た目のことについてまで配慮してくれるかどうかはわからないということがあります。
そういうところも理解したうえで選ぶ必要が出てきます。