包茎治療を行うことのメリット

真性包茎であった私は仮性包茎の方とは違い自らではどうすることも出来ません。
すなわち包皮をめくることは出来ません。
しかもはじめてのセックスの時の挿入時に包皮が無理矢理めくれるような思いで痛くて痛くてたまりませんでした。
ですので包茎治療を行うまではセックスが出来ませんでした。
当然つき合っていた彼女とはそれが原因で一時別れてしまいました。
セックスが出来なかったのは彼女のせいではなく明らかに自分に非があるのですが、包茎についてよく知らない彼女は私がどう説明しても自分を責めるだけで聞き入れてもらえずなんとなく気まずさから自然消滅してしまったのです。
null真性包茎のデメリットは他にもずっと皮が被った状態なので不衛生であり雑菌などが繁殖しやすく場合によっては病気になってしまったり相手にも迷惑をかけてしまいます。
私の包茎の状態ですと一生包茎でいるということは一生セックスが出来ないことですので、次の彼女が出来る前に早めに包茎治療を受けることを決めました。
同じ過ちは二度と犯したくはなかったですし出来ればその彼女ともやり直したいという思いもあったからです。
なぜならばお互いの性格や人間性が嫌いで別れたわけではなくセックスが上手くできなかったのが原因だったからです。
包茎治療を受けるまで知りませんでしたが真性包茎は一種の病気ですので健康保険が適用され当時学生であった私は経済的にもとても大助かりでした。
その上あっという間に手術が終わり痛みもほとんどありませんでした。
包茎治療後2週間くらいはオナニーもセックスも出来ないと言うことでしたので、別れてしまった彼女にもう一度連絡をして包茎治療のことを包み隠さず説明してもう一度チャンスをもらえるようにお願いをしました。
彼女の方にも幸い恋愛感情が残っていましたので当時若かった二人はすぐさま時間を取り戻すかのようにセックスを行いました。
包茎から脱した私は精神的なゆとりもありまた挿入時の痛みもなくなんなくその彼女とのセックスが出来ました。
彼女の方もどうして初めての時は出来なかったのか納得したので包茎治療のおかげでめでたく彼女も戻ってきてくれてセックスも普通に出来たので一石二鳥でした。