包茎治療をしてよかったこと

実は包茎はかなり多くの日本人が抱えている問題です。
多くの方の場合は仮性包茎と呼ばれる状態ですので、包茎治療を実際しない方が多くいらっしゃいます。
実際日本人の半数以上の人が仮性包茎だと言われているのに、身の回りで包茎治療をしたという人をあまり見ないということは包茎治療がまだまだ浸透していないことを意味していると思います。
それは一般的には包茎自体がやはり少し恥ずかしいことだと思われがちで、仮性包茎の方ですと、なかなか医師に相談するところまで気持ちが動かないというところが大きいと思います。
仮性包茎とは、自分自身で皮を剥けば亀頭が出てきたり、勃起時には亀頭が出てくるが、平常時には亀頭が革で覆われている状態をいいます。null
包茎で一般的に心配されるのが亀頭の衛生面です。
ご存知のようにペニスには排尿以外に生殖器としての機能がありますので、排尿時にペニスを清潔に保つ必要があります。
特に残尿感のある方で仮性包茎の方の場合には排尿後に亀頭が皮で覆われた状態で残尿が出てしまうと亀頭付近にいわゆるカスが溜まってしまいますので、臭い等の原因になってしまいます。
そのため、毎日お風呂で亀頭を清潔に洗浄する必要があります。
包茎治療を行うことで、平常時でもつねに亀頭が出ていることで、このような不潔な状態をできるだけ避けることができます。
これは生殖器としての機能面側からも良いことなのです。
というのも、亀頭が常にさらされていることで刺激に強くなり、早漏防止になるからです。
包茎治療はなにも恥ずかしがることではありません。
また治療もごく簡単で一日で終わりますので、少しでも気になっておられる方は医師にご相談ください。