包茎治療で恥かしくない身体になりました

中学生くらいになった時、男子全員と言ってよいほど性に目覚める時期と思います。
早い子は、小学生時代から目覚めているかもしれませんが。
私たちの時代でも同級生の話題は、誰が好きと言うことより、どんな子とエッチしたかなどにも発展していたと思います。
そんな時代での修学旅行、全員でお風呂に入るのです。
この時は、多くの子は包茎から大人へと変身している時期でもあるのでしょう。
包茎の子を見つけては、みんなで冷やかしていたものでした。
私もこの時、包茎だったのですが仮性包茎だったこともあり、皮をむいていて誤魔化していたのです。
難を逃れた私ですが、悩みは早く包茎から脱出したいと言うことでした。
不思議なことに、頭から抜け切らないのです。
このままでは、まともな大人になれないと考えていたのでしょう。
そしてそのまま高校、大学と進学して来ました。
まだ女性との肉体的交際はなく、自分の中では病院へ早く行きたいと思うようになっていたのでした。
そんな時、包茎治療にも学生割引があると知りました。
これが良いチャンスと思った私でした。
どこかきっかけがないと、ウジウジ悩んで来たことに決心がつかないと思ったのです。
病院へ確認に電話を入れ、予約をもらいました。
手術当日は、かなり緊張していましたが先生の話しを聞いて、かなり気持ちも落ち着いたものでした。
術後もしばらくSEXをする機会ありませんでしたが、とうとう私も童貞を捨てることが出来たのです。
この時良かったなと思ったのが、どうどうと裸になれた自分がいたと言うことと、女性から顰蹙を買うこともなく、無事に過ごせたことでした。