治して得すること

包茎のままで生活するのはつらいものです。
包茎にはメリットがありませんから、なるべく若いうちに包茎治療をしたいものです。
実際に包茎治療をしてみると、あっさりと終了したことにおどろきました。
1時間以上はかかると思っていたのですが、実際には15分くらいでした。
痛みも思ったよりも弱かったです。
昔は痛みが強かったらしいですが、今は麻酔が発達しているので、ほとんど無痛に近いものでした。
一部の包茎治療には、「完全無痛」と呼ばれるものもあるそうです。
こちらは、まったく痛みがなく、眠っている間に治療が終わってしまうそうです。
治療後は、生活上の制限は受けますが、せいぜい1ヵ月くらいです。
シャワーや入浴は、治療から数日後には行えるようになります。
1ヵ月経過すれば、性行為もマスターベーションもOKです。
生活において、何ら制限はなくなります。
包茎治療をして一番よかったのは、恥垢が激減したことです。
亀頭が露出していると、恥垢がほとんど発生しないのです。
そうなれば、当然臭いは弱くなります。
おまけに洗浄するときもラクラクです。
彼女の前でも、堂々と振る舞えるようになりました。
包茎だと、やはりコンプレックスを抱えてしまい、積極的に振る舞うことができないものです。
性行為の最中も、常に包茎を意識していましたが、包茎治療をしたあとはコンプレックスはすべて解消しました。
彼女だけでなく、女性全般に対して積極的に会話できるようになるなど、生活すべてにおいてメリットがありました。