仮性包茎の治療

仮性包茎とは平常時には包皮が亀頭を覆っているため亀頭が見えない状態になっていますが、包皮を手で剥けば亀頭を露出させることができる状態になります。
ただし、勃起した時の状態というのは人によって違っており、自然に亀頭が露出することができる人もいる反面、発起しても包皮に包まれたままの状態の人も中にはいます。
包茎は男性にとってあまりイメージが良くないということが言えます。
包茎ということであれば恥ずかしいという風に思っている人が多いわけです。
包茎だから恥ずかしいということは、性交渉にとっても包茎をコンプレックスとして感じる人が多いわけです。
仮性包茎だからと言って即手術が必要になるということではありません。
日本人男性の6割前後が手術が必要にならないような軽度の仮性包茎であると言われています。
仮性包茎は病気ではないということになります。
しかしながら、真性包茎やカントン包茎といった重症のものであれば即刻手術を検討する必要があります。
性病にかかったり、性交渉を行う際に相手に満足を与えることができなかったりする可能性があるからです。
仮性包茎であっても悪臭が出たり、恥垢が貯まりやすい状態であったり、早漏やEDを直したいといったり、ペニスを強化したいといったようなことで悩んでいるということであれば、仮性包茎でも手術を検討してもいいかもしれません。
泌尿器科や美容外科などが該当しますので、そういうところで手術を行うということになります。
手術をする前に自分がどういうところで悩んでいるのかといったことをカウンセリングなどを受けるといいかもしれません。
手術が嫌だということであれば、仮性包茎であれば器具による矯正というのも可能になります。
矯正器具にはリングや接着剤、下着など様々あります。
矯正器具を使う場合には医学的な裏付けがないような器具も中にはあります。
安全性は大丈夫かといった観点で器具を選んでいったほうがいいかもしれません。