包茎治療にはこんなメリットがある

包茎治療をすれば、ペニスのサイズが大きくなるというメリットがあります。
包皮をかぶっている状態は、亀頭を圧迫していると言ってもいいでしょう。
痛みなどは感じなくとも、亀頭が膨張するのを包皮が抑えているわけですから、結果としてサイズが小さくなってしまうようです。
ペニス自体が小さいのであれば、亀頭増大術などの手術で治療するしかないでしょうが、包茎が原因で小さく見えているだけならば、包茎治療をすれば治るはずです。
今は麻酔技術が発達していますから、とにかく痛みが弱くなっています。
「無痛治療」も存在するほどで、眠っている間に治療が終わっているというスグレモノです。
「病院に行くと包茎がバレるから嫌だ」という男性は多いでしょうが、日本では包茎はめずらしい症状ではなく、むしろ普通のペニスよりも多いくらいなのです。
男性の人口比で見てみると、6:4で包茎人口のほうが多くなっているのです。
他人のペニスを見る機会というのは少ないですから、自分だけが包茎だと感じてしまうようです。
「銭湯に行くとみんなペニスが立派」という方もおりますが、これは事前に包皮をむいているからです。
つまり仮性包茎ということなので、本来は皮をかぶっているという方が非常に多いのです。
包茎治療は必ずしも必須ではありませんが、生活に支障を感じるようならば手術したほうがいいでしょう。
いちど手術してしまえば、その後はずっと快適に過ごせますし、異性に対するコンプレックスも解消するはずです。